土地家屋調査士 一級建築士 丹羽事務所 | 豊田市・岡崎市・安城市

丹羽事務所の建築申請ページです。豊田市・安城市・知立市の[土地家屋調査・建築申請、登記]に関するご相談なら丹羽事務所へ。

電話番号 0565-54-1954
ナビゲーションメニュー

建築申請

土地家屋調査士の業務と関連して、建築士が建築に関する法令又は条例に基く手続の代理として行う業務に開発許可申請・建築許可申請等の手続きがあります。これらの申請手続きは最終的には建築確認申請・各種設計審査を通過し建築基準法による完了検査・各種完了検査に合格することを前提として申請手続きを進めなければいけません。それぞれ独立した申請手続きではなく、合理的に繋がっていなければいけないのです。
重要になってくるのは各種手続きの担当行政窓口の把握と知識に基づいた包括的な判断です。名古屋市は指定都市、豊橋市、岡崎市及び豊田市は中核市、一宮市及び春日井市は特例市、瀬戸市、半田市、豊川市、刈谷市、安城市、西尾市、小牧市、稲沢市及び東海市は事務処理市であり、開発許可事務は、この区域内においては、それぞれの市長が行います。その他は愛知県の各建設事務所が行います。

以下 御問い合せの多い、市街化調整区域内で「住宅」を建築するための審査基準を紹介します。

概要は全国共通であり、愛知県の開発申請基準と同様ですが、詳細な部位に関しては指定都市、中核市、特例市(「指定都市等」という)及び事務処理市においては、それぞれ独自に許可等の基準、申請書の提出部数、申請手数料を定めている場合がありますので、該当する市へ確認が必要です。

分家住宅

開発審査会基準(農家等の世帯構成員が分家する場合の住宅等) 従来より市街化調整区域において継続して生活の本拠を有する農家世帯に代表される世帯が、その世帯の通常の分化発展の過程で必要とする住宅の確保のた......続きを見る

やむをえない自己用住宅

開発審査会基準(既存集落内のやむをえない自己用住宅) いわゆる既存集落であって当該都市計画区域に係る市街化区域における建築物の 連たんの状況とほぼ同程度にある集落において建築することがやむを得ないもの......続きを見る

「住宅」の敷地拡大

開発審査会基準(既存住宅の増築等のやむを得ない敷地拡大) 敷地を拡大し、既存住宅を増築又は改築するための開発行為又は建築行為で申請の内容が次の各項に該当するものとする。 1  原則として、既存住宅は、......続きを見る

やむを得ない用途変更

開発審査会基準(相当期間適正に利用された住宅のやむを得ない用途変更) 原則として、都市計画法に基づく許可を受けて建築された後、相当期間適正に利用された住宅のやむを得ない事情による用途変更で、申請の内容......続きを見る

「既存宅地」での建築

開発審査基準(既存宅地の確認を受けた土地等での建築行為及び開発行為) 改正前の都市計画法第43条第1項第6号イ及びロの要件に該当する旨の確認を受けた土地又は受けられる土地における建築行為及び開発行為で......続きを見る